スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

生命保険を見直そう


保険は難しいな・・・、
種類が多くてわからない。
本当でしょうか。
いいえ、
実は生命保険ほど
簡単な保険は他にはありません。
ではどうして難しく感じるのでしょうか。


保険は、目的となるものが様々です。
自動車だったり、火災事故だったり、海外旅行だ、
ゴルフだと保険をかける目的が様々です。

しかし、生命保険の目的はただ一つ。人です
人の命に値段はつかないといいますね、
生前どんなに金持ちだろうが貧乏だろうが、
人には値段なんてありません。

本来保険はそのもののもつ価値に対して入りますが、
人には価値の高い人、低い人はいません。
基本的にはみな平等です。

だから、目的はヒトのみ。簡単です。
そして保険金が支払われるのは「死亡・高度障害」の状態になった時。
これまた単純明快です。

生命保険がややこしいのは、特約が付いているからであって、
特約のないシンプルな死亡保障だけの保険であれば、
その仕組みはとても簡単なのです。

現在特約がいっぱいついている生命保険に加入していて
特約を付ける意味が分からない人は、
主契約だけをのこして特約を解約してしまいましょう
それだけで無駄な保障をかなり切り離すことができます


難しいのは「生命保険でいくら必要か」
生命保険が難しく感じるのは、商品そのものではなく、
自分にとっていくら必要か、どんな時に役立つのかを考えなければいけないからです。
要するに普段考えたこともないことを考えるのがとにかく億劫なのです。

しかし、よほどのお金持ちでない限り
生命保険に頼らなければ生きていけません。
いくら保険に頼ればよいのかを考えるのです。
したがって必要保障額を計算しなければ 自分にあった保険なんかに加入できるわけがないのです。


人生を設計してみよう
さて必要保障額といえば、
亡くなったらいくら必要かということになりますが、
この必要保障額を考えるとき必ず必要なのが、
健康で長生きした場合の人生設計です。

すなわちライフプランを考えなければ、
そもそも必要保障額だって分からないのです。
必要保障額とは、
亡くなった後の家族の生活を
経済的にカバーするのに必要なお金です。


この機会に見直してみましょう!
そこで、保険の見直しをきっかけにライフプランを立ててみましょう!
きっと自分や家族の将来についてじっくり考えられるいい機会になるはずです。

保険は簡単です。誰にでも理解できます。
保険の見直しで大事なことは、
自分でライフプランの理想形を作ってみること。
考えてみることなのです。
保険はあくまで利用するもの。
振り回されてはいけないのです。

スポンサーサイト

2012年09月17日 生命保険 トラックバック:1 コメント:2

子育て支援の2団体を表彰 住友生命


住友生命保険は16日、少子化対策に取り組んでいる民間団体を支援する「未来を築く子育てプロジェクト」の表彰式を、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで開いた。最も優れた少子化対策事業を行っているとして、NPO法人(特定非営利活動法人)「ママ・ぷらす」(愛知県甚目寺町)と、「和歌山おはなしの会・語りの森」(和歌山市)の2団体に、それぞれ「未来大賞」を贈った。  このプロジェクトは、住友生命が100周年記念事業として、昨年創設した。子育てをしやすい社会環境づくりを後押しするために、子育ての支援活動を行っている団体や、「子育て」をテーマとした優秀エッセーを表彰するほか、育児中の女性研究者に助成金を支給する。
続く・・・

2009年02月18日 生命保険 トラックバック:0 コメント:0

生保3社は最終赤字転落 損保、軒並み大幅減益




生命保険主要9社が13日までに発表した2008年4~12月期決算は、 朝日生命保険など3社が最終赤字に転落した。 大手損害保険6社が同日発表した08年4~12月期連結決算も 損害保険ジャパン、ニッセイ同和損害保険が最終赤字に陥ったほか、 残り4社も減収減益となった。生保、損保ともに、世界的な金融危機による株式相場の下落で、 有価証券評価損や売却損が膨らんだことが響いた。続く~
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090213-00000037-fsi-bus_all

2009年02月15日 生命保険 トラックバック:0 コメント:0

| 保険情報TOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。