スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

みずほ 新卒26%減でも1750人 10年度採用 金融は高水準維持



景気悪化の底がみえず採用抑制に動く企業が増える中で、大手銀行は2010年春の新卒採用で高水準を維持する。みずほフィナンシャルグループ(FG)や三井住友銀行では今春より削減するものの、1000人を超える人員を確保する方針だ。保険業界では、明治安田生命保険が今春比横ばいを予定。世界的な景気後退で収益環境は悪化しているが、銀行・生保業界では極端な採用圧縮を避けるケースが目立っている。  みずほFGは、持ち株会社と傘下の2行、信託銀行、証券会社の合計で今春の2350人より約26%削減するが、1750人を確保する。内訳は、総合職に当たる基幹職が900人、一般職に当たる特定職が850人を予定している。  三井住友銀行も今春の2100人からは半減するが、1100人の大量採用を計画している。現在、検討中という三菱東京UFJ銀行は今春の1500人よりは減らす方向という。  業績が比較的堅調なりそなホールディングス(HD)は今春の850人から900人程度に増やす計画だが、「多少は見直す可能性もある」としている。住友信託銀行は今春(276人)並みを予定している。  大手行は1990年代のバブル崩壊後、不良債権処理を優先する過程で新卒採用を絞り込んだことから、営業現場で若手の中堅社員が不足するなど人員構成でゆがみが生じる事態を招いてしまった。
続く

スポンサーサイト

2009年02月24日 保険ニュース トラックバック:0 コメント:0

<< 三井住友海上メットライフ生命、ニュース証券などで個人年金保険「ATHENA(アテナ)」を販売 | 保険情報TOP | 大和生命入札、プルデンシャルに内定 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。